再処理祭り その1  勾玉星雲

勾玉星雲

  • FSQ85ED 主焦点 450mm キラキラワイヤー
  • SXP赤道儀
  • NexGuideオートガイダー GS60Sガイド鏡
  • EosKissX2改 ISO1600 総露出時間128分(8分×16枚)
  • ステライメージ フォトショップエレメンツで画像処理
  • 和歌山県日の岬

梅雨時期の再処理祭り第一弾は勾玉星雲です。

今月のビクセンカレンダーは中西さんが撮られた勾玉ですね。

その素晴らしい勾玉の足もとにも及びませんが、今回は輝星の色に重点を置いて処理してみました。

前回UPした画像はこれ↓

かなりギンギラギンです。輝星の色もみんな同じ。肥大を通り越してメタボってます ( ´ಠ_ಠ`)

以前処理したFITS画像等もすでに捨ててしまってたので、最初からやり直し。

16枚の画像をトーナメント方式で加算平均した画像がこちら↓

まだレベル調整もしていない画像とはいえ、勾玉らしきものはまったくと言っていいほど写ってません。

128分露光してこの状態。 勾玉、強敵です。

処理に決まった手順や方法などなく、ヒストグラムもほとんど見ないで処理を進めます。

必要に応じてマスク処理をしたりしますが、行き当たりばったりでステラとフォトショを行ったり来たり。

ほんとはキチンと手順を踏んで処理した方がいいのかもしれませんけどねぇ~(´・ω・a)

 

 

 

 

再処理祭り その1  勾玉星雲」への6件のフィードバック

  1. なるほど3枚目の画像から、本当に星雲の部分だけ浮き立たせる、
    というのが難しいのだな、と実感しました。
    これだから、こういう対象は避けたいんですよ(笑)。
    自分で決めた方向性にそって再処理して、
    納得できるものができたら、それは進歩ですよね!
    この喜びっていうか、ある意味「後悔」とも言えるんですが、
    これは梅雨時のお楽しみとしては実に有意義なものだと思います。
    おりおんさんは、結構ちゃんとした素材を撮られていると思うので、
    再処理祭りやったら盛り上がると思いますよ!

    • >ミッチーさん

      この勾玉はほんと難しかったです。
      やっぱ強い処理をかけるためには、しっかりした下地が必要だな と実感しました。
      128分露光してなければ、破綻してたかもしれません。

      再処理は喜びと後悔・・・上手いこと言いますね。
      さすがミッチーさん(*^_^*)
      いやほんと、再処理しなくていいように、最初からキッチリ処理すればいいんですよね。
      月日とともに処理を重ねていって、誰かがおっしゃってた「画像処理の引き出しが多くなる」って意味では、喜びですよね。
      天体写真は奥深いです。

  2. >いっこうさん

    処理の途中で何度か心が折れましたよ(;´Д⊂)
    今回UPした画像も透明度も無くてイマイチかな、と思ってるんですが、もう疲れたのでこれで良しとしときます(笑)

    SXWのスターブックは、導入対象になってないんですね。
    TENの方は一応導入できますが、8分露光でもモニターで確認できないので、写ってるかどうか最後までわかりませんでした(^_^;)

  3.  最後の写真、暗いところで、改造カメラで、128分も露光してこれ! これは光害地ではむりですね。
     それを最初の写真まで持っていく。まさにマジック!
     そもそも、導入したけど見えないぞ、という苦情を回避するためか、SXWのスターブックには、このあたりの赤い星雲が導入対象になっていないんですよね。手動で導入して写野にいれなければいけないんです。
     だから無理! でもがんばってみようかな。

  4. おはようございます。
    なにも写ってなさそうな画像がそこまで変わりますか。
    恐るべし画像編集ですね。。。
    キラキラワイヤーってのも気になります。
    ブログ読んでビクセンカレンダーをめくるの
    忘れてることに気づきました。ありがとう~~

    • >道端小石さん

      こんにちは。
      いままでいろいろ撮ってきましたが、コレも難しい対象のひとつかもしれません。
      やっぱICナンバーは強敵ですね(^_^;)

      反射望遠鏡のような光条が欲しくて、十字のワイヤーを鏡筒にくっつけましたが、最近は付けてません。
      あまり綺麗な光条じゃないので(*^_^*)

      ウチはビクセンカレンダーはトイレに飾ってます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>