蒼い星基地局

大阪岸和田で星をながめたり天体写真を撮ったりしてます

LBN487 アイリス星雲 1回目

LBN487 アイリス星雲 1回目

アイリス星雲

  • FSQ85ED 主焦点 450mm
  • SXP赤道儀  LPS-P2光害カットフィルター
  • NexGuideオートガイダー GS60Sガイド鏡
  • EosKissX2 IR改造 ISO1600 8分×8
  • ステライメージ フォトショップエレメンツで画像処理
  • 6/8 AM1:50~ 奈良県山辺郡山添村神野山

 

ケフェウス座の散光星雲、NMB48・・・ではなくてLBN487アイリス星雲です。

以前、ミッチーさんから「鶴姫でいちど撮ってみて」とお奨めいただいてた星雲です。

遠征地としては、明るめの神野山で1時間露出。ダメだとわかっていたんですが、どんな感じになるか撮ってみたかったんです。

やはり、黒いモクモクや淡い分子雲が出ませんね (・´ω・`)ゞ

粗くなってしまったうえに、濃淡もなくノッペリした感じ。上部の淡い所が変に赤っぽいです。

ミッチーさんのおっしゃってた天文ガイド2011・10月に掲載されているアイリス星雲を善兵衛ランドで見ましたが、そりゃもうすごいのひとことでした Σ(°д°lll)  ガーン

あの作品に近づくにはかなり暗い空でないと厳しそうですね。

まぁ、近づくどころか処理をすればするほど遠のいていく気がしますが。

また、再チャレンジしようと思ってます。なのでタイトルも「1回目」としました (*ノωノ)

 

あまり雨の降らない梅雨ですが、かといって快晴でもなく撮影できない日が続いてます。

次の新月期も厳しそうですねぇ~  (-”-;)ウーン

 

 

 

« »

コメント

  • ミッチー より:

    ありがとうございます! すげ〜。

    ちょっとこれについては語り合いたいですね(笑)。
    この手の対象で不思議なのは「背景よりも暗い感じ」領域があると思ってるんですけど、その雰囲気が出てますね。
    これを、どうしたら写せるのか? というのが課題なんです。
    おりおんさんは、まだまだいけるはずですよ。まじで。
    お互いノウハウを共有したいところですね。
    「明るめの神野山で1時間」と比べて、こっちは3時間くらいやってますが
    かなりの差があります。ここらへん、考えたいところではあります。
    修行したいです。

    • おりおん より:

      >ミッチーさん

      アイリスをなめてました(笑)
      たしかにアイリス星雲そのものは1時間でもそれなりに写りました。
      で、ブログUPする前に天ガのアイリスを見たんです。
      ちびりそうになりましたよ(笑)

      で「薄墨色の分子雲を出してみよう」とUPするつもりだった画像を再処理したんです。
      8分露出でヒストグラムの山が右端にいってしまうような空で撮影した元画像には、当然淡い部分が写ってません。
      なので、星マスクで背景だけレベルを上げる作業をチマチマと繰り返しました。

      背景レベルを上げていきつつ、フォトショのカラーカーブ補正のシャドウ補正で背景の暗さを保ちつつ20回ほどレイヤ―を重ねました。
      なんとか薄墨色が少し出せたのですが、やはり背景が粗くなってしまいました。
      で、背景を滑らかに見せるために、ステラのスムース系フィルター等でごまかしました(^_^;)

      そんなこんなで出来上がったソレは、粗く細部のきめ細かさもなく、綺麗じゃない画像になりました~。
      シャドウ補正は所詮見た目をマシに見せるだけのごまかしなので、画像のあちこちで破綻してますが今回はこれが限界ですね。

      やはり「暗い場所で時間をかける」のが最善だと再認識しました。
      また、リベンジしようと思います(*^_^*)

  • まるこう より:

    これで1回目ですか!すごい!
    10回目くらいにはUFOの窓からラジウム星人が手を振っているのが見えるくらいですよ。

    ここらへんの光害地ではどうも分子雲は無理っぽいです。一応トライはしたのですが・・・。

    • おりおん より:

      >まるこうさん

      ラジウム星人(笑)
      ちょっと検索してみたんですが、「ラジウム星人」って言うゆるキャラがあるんですね。知らなかったです(*^_^*)

      心が折れる前に目標とする画像に近づきたいんですけどねぇ。
      かなり厳しそうです(^_^;)

  • こんばんは。
    いや実に見事な写しっぷり。
    大きく淡く広がる天体も短焦点いいですねぇ。
    2回目、3回目と楽しみですがあまりの素晴らしい出来栄えで我々を置いて行かないでくださいね(笑

    • おりおん より:

      >かたくちいわしさん

      この対象は、ほんと暗い場所でないと難しいな・・・と心の底から思いました。
      ますます、ごまかすのだけは上手くなっていく気がします(笑)

      短焦点には小さい対象かなと思いましたが、淡い部分が出るならばOKかもしれません(*^_^*)

  • 道端小石 より:

    アイリス星雲 すごいですねー
    ダイナミックな写真だと思います。
    いつかは撮ってみたいなぁ
    でも、まだレベルが足りません^^;

    • おりおん より:

      >道端小石さん

      ずっと処理してると荒れた画像に目が慣れてしまって、結局かなり粗くなってしまいました(^_^;)

      暗い場所で再チャレンジするつもりですが、ぜんぜん晴れませんねぇ。
      梅雨だから仕方ないんですけど、せめて夜だけでも晴れてほしいです(*^_^*)

  • 山口のじぃ より:

    出たぁ~ッ!おりおんショット(そっちかい!!)

    いやいや、アイリス。素晴らしいじゃないですか。薄墨色のガスも最高じゃないですか。
    私は何度挑戦してもダメな対象のひとつです。薄墨色のガスが出せたら大満足なんですが(笑)
    しばらくは眼鏡市場で我慢します(笑)(眠不足のため意味不明)
    「おりおんショット」って何度見ても良いですねぇ。この果てしない宇宙に向かっている
    機材たちの何とも言えぬ孤独感。見果てぬ夢を追い求める男子のロマン。

    • おりおん より:

      >山口のじぃさん

      おりおんショット載せといてよかったです(笑)
      いやほんと、その鏡筒のずっと先には遠い宇宙があって、その遠い過去から放たれたかすかな光を小さな機材で受け止めてる・・・なんて思うとロマンティックですよねぇ。

      その薄墨色を出すために、数時間格闘して結局荒れ荒れになってしまいました。
      やはり暗い空あっての強い処理・・・ですねぇ(^_^;)

  •  いやいや、これはよく写ってますよ~~。
     さすがに所沢では無理ですね。青い星雲、写んないっす。
     処理も見事だと思います。
     処理すればするほど遠ざかっていく。わかります。
     『ボクから逃げようたって 駄目だョ… 逃げれば 逃げるほど ボクに近づくってわけ… だって 地球は まるいんだもん!』
     みたいなわけにはいかないですよね。だって、離れていく一本道なんだもん!

    • おりおん より:

      >いっこうさん

      フォーリーブスですね~(笑)
      いま考えると、ちょっとストーカーの入った危ない歌詞ですよね(笑)

      淡い部分を綺麗に出したいので、めっちゃ暗い場所でリベンジしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>