M77 もう顔にしか見えないNGC1055

M77

  • FSQ85ED 主焦点 450mm
  • SXP赤道儀  LPS-P2光害カットフィルター
  • NexGuideオートガイダー GS60Sガイド鏡
  • EosKissX2 IR改造 ISO1600
  • 総露出時間20分 (5分×4枚)
  • ステライメージ7 フォトショップCS6で画像処理
  • 9/11 AM2:30~
  • 大阪府貝塚市善兵衛ランド天文台駐車場

 

くじら座の銀河、M77です。メシエ天体最大の17万光年の大きさの銀河ですが視直径は小さいですね。

M77の右上に淡い渦巻銀河NGC1055、他にも淡い銀河がいくつかありますね。

 

NGC1055、中央に暗黒帯もあってM104ソンブレロ銀河のようです。

もっと大きく撮れればおもしろい対象かもしれませんね。

ふたつの恒星が目、銀河が口・・・いちど顔に見えてしまうともうそれ以外には見えません

子供の頃よく描いた絵描き歌コックさん

 

♪棒がいっぽんあったとさ 葉っぱかな? 葉っぱじゃないよ かえるだよ~♪♪

・・・・・へたっ  ( ̄_ ̄|||)

 

 

 

 

 

 

 

 

M77 もう顔にしか見えないNGC1055」への10件のフィードバック

  1. こーゆーのを「シミュラクラ」っていうんだって、ラジオで菊地成孔さんが言ってました。
    恒星がいっぱい写ってる写真をみると、ところどこに白い服を着た女の人の顔が…。
    っぎゃーーーっ!

    • >ミッチーさん

      シミュラクラ・・・むむむ・・・調べてみました。
      「人間の目には3つの点が集まった図形を人の顔と見るようにプログラムされている脳の働き」・・・なるほどっ!!
      ひとつ賢くなりました(*^_^*)

      「白い服を着た女の人の顏」には見えたくないですね~(=_=)(笑)

    • >道端小石さん

      けっこうお茶目なんですよ(笑)
      ほんと久しぶりに描きました~
      最近はコックさんもいろんなバージョンがあるようですね。
      you tubeの動画見て、練習しました(笑)

    • >いっこうさん

      あざ~すっ ヽ(^。^)ノ
      右上から斜め左下へのラインが難しいです(笑)

  2. こんばんは!
    そう言われれるともう顔にしか見えませんねー(^^;

    M77が手、青白い星が反対の手、下の星が一本足!

    新しい星座ですねー
    こうやって星や銀河を想像してみるのも楽しいですね♪

    • >カニさん

      こんばんは。

      なるほど!! M77と青白い星が手、下の星が足!!
      その見方も面白いですねぇ~。
      顏ばかり気になって、手足の星が目に入りませんでした(^_^;)

      昔の人はこうして星座を作っていったんでしょうかね。
      いろんな見方があって楽しいですねぇ~(*^_^*)

    • >雲上さん

      味わいありますか? よかったです(*^_^*)
      たまにこんな風に絵を描いたりしますが、なかなか難しいもんですね。
      ペンタブを使えばまだマシになるかな・・・(笑)

      M77!! 雲上さんに言われるまで存在すら忘れてました!!
      入れればよかったです(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>