蒼い星基地局

大阪岸和田で星をながめたり天体写真を撮ったりしてます

トレミー星団 無線のおじさん

トレミー星団 無線のおじさん

トレミー星団

  • FSQ85ED 主焦点450mm
  • SXP赤道儀
  • NexGuideオートガイダー GS60Sガイド鏡
  • EosKissX2 IR改造 ISO1600 8分×2枚
  • ステライメージ7 フォトショップCS6で画像処理
  • 10/6 PM19:20~ 和歌山県有田郡有田川町生石高原第2駐車場

 

さそり座の散開星団M7トレミー星団です。中央付近のまばらな星々がそうですね。

いまごろ夏の散開星団?って感じですが、メシエ制覇のための撮影です。

時期も遅く撮影時刻の高度は12度。有田や湯浅の街灯りに埋もれ、粗い画像になりました。

まあそんなことはどうでもよろしい。

撮影当日、現場に着くと1台の車がイカ釣り漁船のごとく煌々と明かりを灯してました。

見るとルーフに長いアンテナが。「無線だなっ  Σ(=ω= )!!」

 

車のそばにはホンダの発電機と明るいLEDライトがまぶしい。「こりゃ撮影できねぇ・・・」

運転席にいるおじさんに天体写真を撮りたいので明かりを抑えてほしいと伝えるとすぐLEDを消して、車内の明かりも漏れないようにしてくれました。

「いい人だ、とてもいい人だ (T-T)」

どこからいらしたんですか?と尋ねると「岸和田から」と。

なんと同じ岸和田!! (T-T)人(T-T) 岸和田市民みんないい人~

 

で、11時頃からドン曇りになったので機材を撤収。おじさんも撤収らしい。

車内を見せてもらうと、秘密基地みたいでカッコいい。

「スカイツリーと同じ原理で、標高が高ければ高いほど障害物がないから遠くまで電波が飛ぶんですわ」

標高1000m超えなら東京まで飛ぶらしい。「車の上のアンテナは4mでこれくらいは普通ですわ」

「たまに無線のコンテストがあって、時間内にどれだけ遠くの人と交信するかを競ったりするんですわ」

「そやから、イベントの時はあちこちの高い山に遠征するんですわ」

SNSやLINEで簡単にコミュニケーションがとれる時代に、わざわざ山奥までやって来て無線を飛ばす。スゴイ。

なんか感動した  ( ;∀;)

 

あと、おじさんがそうゆう世界とはかけ離れた雰囲気なのが印象的でした。

ワンカップとスルメが似合いそうな風貌。(ごめんなさい(*_ _)人スイマセーン)

カウンターテナーのような高いお声で無線について熱く語るその姿にまた感動  ( ;∀;)

 

夜の暗い山にわざわざ来るのはカップルと走り屋と星屋だけかと思ってましたが、いろんな趣味の方がやってきますねぇ。

おかげでいろんな話を聞けて楽しく過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • まるこう より:

    電磁波を捉える同じ趣味どうしで、ウマがあったのかも知れませんね。
    電波だけに、波長が合う。。。\(-o-)/

    おっちゃんの車の中もかっこええ!!
    こんな自分だけの基地みたいな車で撮影の旅に出かけたいですね。

    • おりおん より:

      >まるこうさん

      電波だけに、波長・・・
      ウマいっヽ(^。^)ノ 座布団10枚っ

      いやほんと、無線のためだけのカッコいい車だったんですよ。
      撮影専用車であちこち暗い空を求めて旅をする・・・あこがれます(*^_^*)

  •  無線屋さん、いますねぇ。以前、堂平天文台(かつて国立の天文台でした)でキャンプした時にも、たくさんいらっしゃいました。
     この無線屋さんは思ったに違いありません。
    「ハッブルやらなんやら、直接宇宙から撮った写真がインターネットで見られる時代に、自分で写真撮ってはる~。感動や~。おまけに、オタクっぽい天体少年のイメージとはかけはなれたスカジャン兄ちゃんっていうのが印象的やな」

     ワンカップとスルメの似合う兄ちゃんは、間違いなく鼻が赤いです。……花紀京か!

    • おりおん より:

      >いっこうさん

      やはり無線趣味の方、けっこういらっしゃるんですね。
      若いころ、みんな無理して買ったマークⅡやクレスタに小さい無線アンテナをつけて飛ばすのが流行ったことがありました。
      私は金欠学生だったので原付でしたが。

      なるほど、おじさんはそう思ったのかもしれませんね~(笑)
      そうゆう意味では似たもの同士かもしれませんね(*^_^*)

      花紀京!!なつかしぃ~っ!!
      「おばちゃ~ん、うどんなんぼ?」「800万円!!」ドテーッですな。

  • 温泉日和 より:

    こんにちは
    確か私のお庭の入笠山の山荘界隈のある一軒にも『こんなところで無線?』というようなアンテナがあったことを覚えています。いろいろな趣味の人が、真っ暗な山には集まるのですねぇ。
    かと思えば、深夜に車の中でストロボを焚いて何か撮影している人を見たことがあります。こっちは夜中に周囲をウロウロしているし、あっちは星が見えるところで何でストロボ!て感じで、お互いヤバそうな趣味かと思い、ビビッていたかもしれません。
    今回は、そんな人間模様の内容がとても興味深かったです。
    でもどうせ夜中に出会うなら、同好者がいいなぁ。

    • おりおん より:

      >温泉日和さん

      こんにちは
      そう言えば街の住宅地に長~いアンテナをつけた家があったことを思い出しました。
      入笠山なら電波もよく飛ぶんでしょうね~(*^_^*)

      この趣味を始めてから「夜の山もけっこう人がやって来る」ことを知りましたよ。
      時々やって来る車がヘッドライトを消しながら、そ~っと駐車するのを見ると「同好者だな」と安心します。
      深夜に車中でストロボ?! かなり怪しいですねぇ(笑)
      カップルなら確実にムフフな撮影だな と思ってしまうのは私だけではないはず(=_=)

  • ミッチー より:

    「まあそんなことはどうでもよろしい」の前には「が、」を付けると、なお良いでしょう。
    それはそうと、いやー「明かりを消して」なんて頼めるなんてすごーい。
    遠征してると時々、自動車の明かりが入って来て近くに駐車したりしてますが、
    さすがに言えませんね〜、ホント、けんかとかなくてよかったです。
    関係ないけど、うちのおやじなんか、
    庭で星見てると「暗いだろ、電気つけてやろうか」って言いますよ。
    無線に限らず、ちょっとした趣味に没頭している人の話って、
    すごーく面白いですよね。部外者は若干「半笑い」しちゃうところとか。
    結構あいらしく見えるもんです。

    • おりおん より:

      >ミッチーさん

      なるほど。前に「が、」ですね。〆(゚_゚* )フムフム ありがとうございます~

      もしかして普通は頼まないのかな・・・
      なんのためらいもなく、車を降りるやいなや「消して」と言いに行った私は変?
      まあ、ダメなら場所を変えるつもりでしたけどね。
      ほんと、いろんな趣味の人がいて自分の知らない世界の話を聞くって楽しいですね。
      ただ、天体趣味となると認知度も低いようで、友人に「何のために?」と言われたことがありました。
      「何のために?」と聞かれてもねぇ(^_^;)

  • 山口のじぃ より:

     「まあそんなことはどうでもよろしい。」の位置が最高(笑)
    M7トレミー星団に対するおりおんさんの意気ゴミが減算処理されて非常にフラットな天体ブログになってますねぇ(笑)
     メインが無線のおじさんって「M7」番号の割にカ・ワ・イ・ソ・ウ。可哀想。
    「コッラァ!!じじぃ、ここはおんどれひとりのもんちゃうぞ~っ、早よぅ電気消しさらさんけぇ。若いもんがチチクリあうのん邪魔してうれしいんけぇ」って言えば喧嘩になるところでしたねぇ。あっ、同じ岸和田かぁ。じゃ喧嘩にならないですね、日常会話だから(笑)
    「ワンカップとスルメが似合いそうな風貌」ギクッ・・・。

    • おりおん より:

      >山口のじぃさん

      位置、いいですか? よかった。
      位置決めに3時間かけましたから(*^_^*)
      この日は撮影よりおじさんの記憶が濃いんですよ。
      M7なんてどうでもいいです。パセリみたいなもんですわぁ~。はっはっは~。ちなみにパセリは大好きです。

      そうそう、それくらいの会話は普通です・・・ってなんでやねんっ ヾ(~O~;)
      ご一緒させていただいた他の星屋さんが「ケンカにならんでよかった」と言ってましたが(^_^;)
      「ワンカップとスルメが似合う風貌」は大阪出身の方に多いかも ですね(笑)私もいずれは・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>