蒼い星基地局

大阪岸和田で星をながめたり天体写真を撮ったりしてます

2013年 思ひ出アルバムその3 おりおんショット

2013年 思ひ出アルバムその3 おりおんショット

奈良県吉野郡野迫川村鶴姫公園

 

 

奈良県山辺郡山添村 神野山

 

 

大阪府貝塚市善兵衛ランド天文台駐車場

 

 

奈良県吉野郡野迫川村鶴姫公園

 

 

和歌山県日高郡美浜町日の岬

 

 

和歌山県有田郡有田川町生石高原第2駐車場

 

 

奈良県吉野郡野迫川村鶴姫公園

 

 

「おりおんショット」・・・皆さんにそう呼んでいただけて、うれしく思っています(*^_^*)

自分で「おりおんショット」と言うと面映ゆい気もしますが。

 

ちょっと話がそれますが、この「おりおん」と言うハンドルネーム、いま思えば名前負けしていると言いますか、たいそうなハンドルネームをつけてしまったな と少し後悔もしています。

天体写真を始めるにあたって付けたハンドルネームではなく、RPGゲームをする時の名前であったり、ハマりまくったモバゲーの怪盗ロワイヤルでの名前だったり、昔からハンドルネームを付けるときはいつも「おりおん」でした (^_^;)

 

で、おりおんショットですが露光時間はどの写真も約20~30秒です。

1枚目はズーム中間域で真上に近い角度で撮影したためズームレンズが縮んでしまい、ワープしたような画像になっています。

真上に近い角度で撮影する場合は、地面に座り込んで履いているスニーカーを脱ぎ、その上にカメラを置きます。

当然、構図も何も見えません。感です。足も冷たいです(o≧口≦)o

スニーカーの上に置くカメラの位置で微妙に雰囲気が変わりますね。

30秒後にどんな感じに撮れてるのかモニターで見るのも楽しみのひとつです。

まったく写ってない時もありますが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • 道端小石 より:

    3番目はおりおんショットでしたか。。
    次こそは星団と呼んでいたのに^^;

    しかし、天の川と機材とか
    むっちゃかっこいいですね。
    1枚目の写真は覚えてますよ~、
    これは一子相伝の奥義ですか??

    スニーカーで撮影しているとはすごいですね。
    今の時期それするとやばいので気をつけてくださいね。

    • おりおん より:

      >道端小石さん

      実は「動物シリーズ」を考えてたんですけどねぇ。
      モンキー星雲、わし、クラゲ・・・夜空にはけっこう動物がいますよねぇ。
      けど、並べて見たら赤い星雲ばっかりになったのでやめました(笑)
      そう!!一子相伝です。秘孔を突かれても方法は伝授出来ません。ヒデブッ

      道端小石さんもぜひスニーカー雲台試してください~(*^_^*)

  • まるこう より:

    おりおんショットはスニーカー雲台で撮影されていたのですね!!! これは面白い。アイベルあたりで売り出しそう・・。(笑)
    ナイキより、やっぱり月星(MoonStar)でしょう!!

    おりおんショットの命名は確か山口のじぃさまでしたよね。

    スタートレックVer.これはおりおんショットの最高傑作ですね。誰も真似できないテクニックです。

    • おりおん より:

      >まるこうさん

      しまった!!月星がありましたね!!(爆)
      う~ん・・・私もまだまだ修行が足りないな(笑)
      スタートレックVer、後日もう一度同じように撮ろうとしたんですが、うまくいきませんでした。
      偶然の産物を超えるのは難しいな と思った次第です(笑)

  • カニ より:

    こんばんは!
    おりおんショットいいですね~
    望遠鏡と星空入れると、撮影している臨場感が伝わりますね。

    僕も真似させて頂いてカニショット撮ってみようかな(^^;

    • おりおん より:

      >カニさん

      カニショット(*^_^*)なんかいいフレーズですね~
      カニさんが撮影されている場所も暗いので、なかなかいい感じに撮れるでしょうね。
      撮影中の時間つぶしにもなるし、あとは記念撮影気分ですね。
      ぜひ、カニショット撮ってくださいね~。

  • ミッチー より:

    この前、道端小石さんと遠征したとき
    道端さんが「おりおんショットを撮ります」と言って準備を始めました。
    僕は「それはいいかも」と思ったのですが、
    同行した道端さんのご友人が「おりおんショットって?」だったので、
    道端さんが「おりおんショット」とは何かについて解説していたのがとても面白かったです。
    こうやってスタンダードとして通用する手法とか、構図を発明した、ということなのでしょうね。

    • おりおん より:

      >ミッチーさん

      道端小石さんが「おりおんショット」の説明(*^_^*)うれしいですね~。
      私は何の意図も考えもなく、ただ夜空と望遠鏡を撮ってみたかっただけなんですけどねぇ。撮影中はヒマだし(笑)
      ただ構図とかはどうしてもワンパターンになってしまうので、ちょっと変わった撮影方法を暗中模索です(笑)

  • 山口のじぃ より:

     覚えてるおぼえてる~ゥ!!おりおんショットのスタートレックVer.
     あとのもぜ~んぶ、見ると思い出します。有ったあったって。
     撮影風景の写真は数あれど、おりおんさんのは赤道儀だけが赤~く、ぼよ~っと浮かび、それでいて赤が背景に溶け込む事なく存在感がある。
     これはもう、「おりおんショット」と呼ぶしかないとおもいました。真似て見るのですが、なかなかこのぼよ~っと感は出せないですねぇ。私はぼよ~っとしてるのですが(笑)

    • おりおん より:

      >山口のじぃさん

      覚えてらっしゃるんですか!!撮った私でさえ忘れているというのに(笑)
      ほんと「おりおんショット」名付け親の山口のじぃさんにはお足もお尻も向けて寝ていません。ありがとうございます。
      えっと・・・山口はどっち方向だったっけ・・・。

  • おりおんショット初心者の雲上(くもがみ)です。

    ソフトフィルタを使ってから、おりおんショットが少し”さま”になってきました。
    (三脚を使ってますがまだ真上は撮ったことがありません。)
    1枚目のズーミングは偶然だったのですね。

    今回の写真だけでも撮影場所は4か所。
    わたしと同じですね。
    自宅裏口・自宅裏道路側スロープ・自宅玄関前・二階ベランダ。

    • おりおん より:

      >雲上さん

      雲上さんも撮影場所は4カ所なんですね(笑)
      うらやましいです。
      スニーカーにカメラを載せて撮るヤツは他にいないと思いますが、三脚の調整をしなくていいので楽ですよ(笑)
      モニターで確認するまで撮れてるかどうかわからないのも楽しいですよ(*^_^*)

  • 温泉日和 より:

    こんにちは
    おりおんショットの撮影秘話を聞けてビックリです。スニーカー雲台を利用しているとは流石です。
    カメラは三脚に載せるものだ、という固まった考えではダメですね。撮影手法の参考になりました。
    しかも露光中に焦点距離を変更させる荒業はカッコいいですよ。

    • おりおん より:

      >温泉日和さん

      こんにちは
      スニーカー雲台(笑)ですが、ちょうど甲のあたりにカメラを載せると角度が付いていい感じになります(笑)
      ナイキがいいですね。コンバースはイマイチです(笑)
      焦点距離の変更、偶然ですけどね(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>