蒼い星基地局

大阪岸和田で星をながめたり天体写真を撮ったりしてます

ええ感じな撮影地その1 鶴姫公園

ええ感じな撮影地その1 鶴姫公園

EOS60D TAMRON  ASPHERICAL  XRDⅡ  18-200mm  18mm ISO3200 F3.5 ポータブル赤道儀CD-1 120秒 2枚コンポジット 鶴姫公園

 

今日は少し晴れ間も出てます。でも満月期。

撮影にも行けず、画像ストックもなく再処理する気もおきません。

ブログの更新をどうしよう・・・と思い悩んだ末に「撮影地の紹介」という安易な方法を思いつきました (`・ω・´)!!

で、その1回目「鶴姫公園」です。

 

 

日本最大の半島、紀伊半島の中央構造線以南の大半を占める紀伊山地。

鶴姫公園はその紀伊山地、高野龍神国定公園の中にあります。

高野山から逃れた平家の娘「鶴姫」の悲恋の伝説からその名前がついたようですね。

公園の奥には「鶴姫館」があってパネルも展示されてます。

いちど見たきりでどんな話かも覚えてません ヾ(-`ω´-o)ゝ

 

 

鶴姫公園に行く途中、高野山までの道のりがかなりのワイディングロードです。

小さなお子さんや車に弱い方は酔いますね。ゲゲゲの鬼太郎袋を用意しておきましょう。

道幅はそれなりにあるんですが、上り坂が続くので遅い車も多いです。

そんな車に出会ってイライラ。「遅いんじゃ!!おら〜〜っ!!」とか「おまえの車はゴム動力かっ!!」などと言ってはいけません。

当然、上品なおりおんはそんな下品な言葉を言ったことはありませんが。

また、遅い車の後ろにピタッとくっついて「はよ走れよっ!!」と あおる行為、つまり「ケツをまくる」のもよくありませんね。

とても安全運転なおりおんの場合、なぜか先を行く車のほとんどが「お先にどうぞ」と道を譲ってくれます。

なんででしょう。不思議です。

 

 

お子さんの車酔いも限界に達した頃、高野山全体の総門、世界遺産の「大門」が視界に入ってきます。

弘法大師空海が開いた真言宗高野山。しばらくはのんびりと高野山の古き良き町並みの中を走ります。

僧侶や修行僧、あと外人さんも目につきますね~。

山口のじぃ様も小学生のころ、毎年「林間学校」で高野山に来られてたようですね。

小学生の「山口のじぃ様」・・・。想像して笑ったそこのあなた、失礼ですよっ。

 

 

高野山を過ぎてから、高野龍神スカイラインに入ります。

全長42km、県境を日本一多くまたぐ道路でもありますね。

カーナビも「和歌山県に入りました」「奈良県に入りました」とひっきりなし。

「どっちやねんっ!!」と ツッコまざるを得ません。

標高1000m、ブナ林の合間から見える景観の良さから、バイクツーリングのメッカでもありますね。

高野山から20分強、高野龍神スカイライン沿いにある「鶴姫公園」に到着です。

レストラン鶴姫が目印になりますね。もう数Km先にある護摩壇山や所々にあるシークレットポイントもかなり暗いです。

 

 

新月期、週末の夜は多くの星屋さんがやってきます。

大阪方面からやって来られる方がいちばん多いように思いますね。

「初めて撮影、観望に来た」って方や、カップルで星空を観に来られる方も多いですね。

 

この場所の「ええ感じ」はズバリ「南天が真っ暗」ですね。

東から南方向は山しかありません。その向こうは太平洋です。

この場所で「初めて天の川を見た」って方も多いですね。

透明度のいい日は「とても濃い天の川」が見えます。

北方向低空は大阪の光害で明るいですけどね。

大阪方面から約2時間、満天の星空がそこにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • TSUBAKI より:

    お疲れ様です。m(_ _)m

    おりおんさん、ワインディングロードでの『スリップストリーム』をなさるとは結構やり手ですねぇ。( ̄▽ ̄)

    もし、前にエアロのブラックセレナが走ってましたらスリップストリームは御遠慮下さいませ。(((o(*゚▽゚*)o)))

    何せ、BKP200の光軸が気になりますので…^_^;

    でも、よく山道走ってたら走り屋さんと間違われるんですよね。^_^;

    初めての鶴姫までの道のりは大阪市内からだと約3時間弱掛かりましたが、行くに値する撮影地ですね。

    GWに行きましたが、久しぶりの濃い天の川見れました。

    おりおんさんの撮影ポイントからまだ上に登れば電線は入らないけど、サソリの尾っぽ辺りは木々に邪魔され…

    で、下山運転中にカーナビは東へ行けと言うし、スマホのカーナビは西に行けと言うしで『迷い道クネクネ〜』…
    (T_T)

    来週末あたり天気良ければ行きたいですね。^_^

    • おりおん より:

      >TSUBAKIさん

      スリップストリーム!!(笑)
      エアロのブラックセレナ、シブイですね。
      もし見かけたら光軸がずれるほど思いっきりスリップストリームを(笑)

      市内からだと3時間かかるんですね。
      遠いですが、おっしゃるように濃い天の川に出会えた時は、大変さも和らぐのかもしれませんね。

      私は上の撮影ポイントでは撮ったことないんですが、低空は厳しい場合があるんですね。
      下のポイントも最近は木が成長して、邪魔になるときがありますよ。
      電線はいつも邪魔をしますが(^_^;)(笑)

      ほんと、新月期だけでも晴れてほしいですよね~

  • まるこう より:

    ここは有名な観測地のようですねぇ。
    2時間となると自宅から東京までくらいの距離ですか・・・・。
    う、うらやましい・・・。

    こんなところで、一晩中M83を撮影してみたいです。

    • おりおん より:

      >まるこうさん

      鶴姫も昔はもっと暗かったらしいですよ。
      こんな山奥まで年々光害の影響を受けてるようです。
      近い将来、真っ暗な場所がなくなるんじゃないかと思ってしまいますよ(^_^;)

      2時間で濃い天の川を見れるなんて、恵まれてると思います。
      道のりはクネクネで疲れますが(^_^;)

  • 道端小石 より:

    和歌山は仕事で行ったことがあるくらいで
    知ってるのは井出商店だけかな(笑)
    ってコメント書いたのちに住所しらべたら
    奈良県だったのね(汗)
    奈良は修学旅行で行っただけかな
    4時間かぁ。。車あればなぁ頑張れるんだけど><
    おりおんさんのスタジャン姿が見てみたいです!

    • おりおん より:

      >道端小石さん

      中華そばですね。私、井出商店のは食べたことないんですよね、これが(^_^;)

      私も鶴姫は和歌山県って気持ちでいます。
      奈良って感じではないんですよね。
      県境なので、どっちでもいいのかもしれません(笑)
      奈良に修学旅行ですか。
      昔、奈良公園の鹿にお弁当を食われた事があって以来、鹿は怖い動物だと刷り込まれています(^_^;)

  • ミッチー より:

    子ども車酔いのくだりが軽快でよろしいですなあ。

    遠征地、まじ興味ある〜、と思ってGoogle Mapという人に聞いてみたら、
    こっちからだと4時間くらいかかるみたいです。
    「渋滞がなければ」ということなので、「おりおん仕様」で走れば、
    5分くらいで着くでしょうか。

    • おりおん より:

      >ミッチーさん

      ちょっと長めの文章を書いてみました。
      最近は池井戸潤ばかり読んでます。

      4時間ですか〜!!
      けっこうかかるもんですねぇ(^_^;)
      まあ、コーナーを攻めれば5分で着きま・・・
      って、なんでやねんっ ヘ(__ヘ)☆\(^^; 
      と、普通にツッコませていただきました。

  • 昔、某空手団体の専門誌の出版社にいたころ、東京から大阪まで夜通し車で行ったんですが、なぜか前を走る車がどんどん道を譲るんですよ。おかしいなぁ、と思ったら、後ろに雑誌のバックナンバーを満載していたため、後ろの車高が低くなり、ハイビーム状態で走ってました(笑。てへっ! 
     南側が暗い。うらやましすぎです。一度は突撃したいですね。

    • おりおん より:

      >いっこうさん

      後ろの車高が低くなって、ハイビーム状態で走ってた(笑)
      想像したら笑ってもた(笑)
      横から見たら斜めになって走ってたんでしょうね(爆)
      空手団体の専門誌の出版社ってのも興味ありますが。

      関東方面の方からは、南が暗いのをうらやましく思われることが多いですね。
      「ありがとう和歌山」です(*^_^*)

  • こんにちは。

    2時間でこれだけの星空が手に入るなんて、いいなあ。
    一度凄い星空を体験してしまうと、もうレベルを落とせませんよね。

    今回の記事で、おりおんさんの性格が少し分かってきましたよ。
    テヘッ!

    でも、みんな小学生の頃があったのですよね。
    とても信じられない人もいますが、、、。

    • おりおん より:

      >やまねももんがさん

      こんばんは

      やはり2時間という距離は「近い」と考えるべきですよね。
      ありがたいことです。
      おっしゃるように、この星空を観てしまうと他の夜空は物足りなく感じてしまいますね。
      初めて天の川を見たのもこの鶴姫だったので、思い入れもあります。

      私の性格わかっちゃいましたか。
      おとなしく控えめな恥ずかしがり屋さん・・・って、誰もそんなこと言ってないですね テヘッ!(笑)

      そうなんですよ、あの方にも小学生時代があったらしいんです・・・

  • 龍之介 より:

    うーむ、やっぱりいつ聞いても良さげな撮影スポットですね。鶴姫公園とのかみふれあい公園近く、覚えましたよ 笑

    護摩団山というところも良く聞きますね。みつえ牧場とか関西方面にはたくさん暗そうなところがあって羨ましいです。いつか行きます!

    • おりおん より:

      >龍之介さん

      鶴姫公園は、私の行ったことのある撮影地の中ではダントツくらいですね。
      ただ、電線がネックなんですよねぇ~。
      狙ったかのように邪魔をしてくれるんですよ(^_^;)
      のかみふれあい公園近くはほんと誰も来ないので、ひとりだとちょっと寂しくなる撮影地です。

      関西では「大台ケ原」って場所がいちばん暗いようですね。
      鶴姫から100kmほど真東にあるんですが、恐ろしいほど暗いらしいです。
      こっち方面にいらっしゃるときはぜひお立ち寄りを(*^_^*)

  • 山口のじぃ より:

     思い出すなぁ、高野山の木立の間から見た巨大な北斗七星。
    木にさえぎられて視界が狭くなった分、ずいぶんと大きく見えたものだ。
     小学生のころの思い出だ・・・・って、なに笑ぉてんねん!!
    人間みな平等、誰にだって子供時代があるのじゃぁ!そりゃぁ可愛い子供だった。
    ○下○子ちゃん。どぉしてるかなぁ。エッ!○子ちゃん、61!?目が醒めました(笑)

     ルームミラー越しにあの目で睨みつけられたら道譲るわさ。
    わしゃ主鏡センターマークやないって(笑)

    • おりおん より:

      >山口のじぃ様

      以前、高野山の木立の間の北斗七星の写真を撮ったことがあるんです。
      それを貼り付けたかったんですが、見当たらないんですよ(^_^;)

      じぃ様、かわいらしい小学生だったんでしょうね~(笑)
      ○下○子ちゃん、幼いころの淡い恋の思い出は、当時の面影のまま、そっとしておいた方がよさそうですね(笑)
      ていうか、じぃ様の若い頃の話のほとんどに、女の子が絡んできますよね(笑)

      微笑みながら運転してるんですけどねぇ~・・・って、それはそれで怖いか(^_^;

  • 今度はどんな画像が出るか楽しみにしてました。でもこんな感じも息抜きというか私なんか緊張しないでみれます。少しリラックスできました。

    • おりおん より:

      >夕焼け熊五郎さん

      いつもありがとうございます(*^_^*)
      1枚目は簡単に処理しましたが、あとは使い回しです(笑)
      なので、楽でした(笑)

      じっくり処理できる画像を得たいんですけどね~
      はやく撮影にいきたいですよ(*^_^*)

  • びっけパパ より:

    はい、笑いましたよ。
    小学生のじぃ様。
    笑わん方がおかしいでしょ!

    なぜか譲ってくれる?
    そりゃ龍のスカジャンにケツまくらりゃ、先に行かせたくなりますよ(笑)

    毎回結構なドライブしてるんですね。
    満天の星を求めるならそれぐらいは苦にならないんでしょうけど。

    • おりおん より:

      >びっけパパさん

      笑いましたねっ!!(笑)
      小学生のじぃ様を想像しただけで笑いがとれる ってスゴイですよね~(笑)

      やっぱ龍のスカジャンが功を制して・・・って、なんでやねんっ。
      行きはまだいいんですが、帰りがツライです。眠いし。
      クネクネ道は体力も奪いますね~(^_^;)
      でもたしかにおっしゃるように、満天の星空を想えば、ツラくないかも(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>