蒼い星基地局

大阪岸和田で星をながめたり天体写真を撮ったりしてます

誰ですか? アンタれす~

誰ですか? アンタれす~

アンタレス付近

・イプシロン130D   430mm F3.3
・SXP赤道儀 ・M-GEN ・ディザリング
・EOS 6D(SEO-SP4) ISO3200 3分30秒×41枚
・ステライメージ7 フォトショップCC
・ディスプレイEIZO CS230 & RDT231WM
・2018/4/19 23:55~ ・奈良県五條市大塔

 

は~い!! 今年も撮ってきました~ ヽ(*`゚∀゚´)ノ

夏の定番、みんながカメラを向けるさそりの「付近」です。

毎年撮ってるのは誰ですか? アンタれす~

 

天の川やさそり座の撮影などで、すでになんどか登場してる付近ですけど・・・

直焦点撮影では初物です。

 

当日の空の状態がよかったので、元画像もいい感じ~ *(pq′з`*)

41枚をチマチマとトーナメントでコンポジットですよ~。

コンポジットだけで2時間はかかるんですけど、理由はひとつ。

大量一括コンポジットだと、PCが動かんのです~ o(TヘTo)

 

画像処理

 

コンポジットがすんだら、デジ現して、フォトショにバトンタッチ。

いつもはヒストグラムは、あまり見ないんですけどね。

色の多い領域なので、いつもより慎重に処理しないと・・・

ってことで、ヒストグラムの山がほぼ合ってるか確認しつつ処理を進めますよ~。

 

で、画像に目が慣れてくるので、彩度を100にして、変なとこがあったら補正 φ(・ω´・ ○)

レイヤーの山が積み重なります。

いや~、まじめに画像処理やっとるね www

 

今回は、星雲の彩度を上げたい気持ちをぐっと抑え、控えめにしましたよ~。

中望遠や星座写真でのアンタレス付近は、もっと彩度アゲアゲでもいいと思うんですよ。

ただ、この写野で彩度を強調すると、ほんと派手になるんですよねぇ。

まあ、好みなのでギンギラギンでもいいとは思いますが (゚▽^*)d

 

ということで「アンタレス付近」、上品なおりおんが上品に仕上げてみました~。

 

 

burogumura5

meijinkai

 

 

« »

コメント

  • あーちゃー より:

    いや〜青い馬に続いてご本尊の「誰ですか」来ましたね〜(°▽°)♪
    美しいです(´∀`)
    上品な白鳥さんが撮るさそりはモクモクのお肌までツルツルですね(´∀`)
    虫めがねでいくら探しても高感度肌荒れが見つかりません∑(゚Д゚)ナゼ⁇
    微恒星の点像具合も微細で本当にスゴイ!の一言です(°▽°)

    • おりおん より:

      あーちゃーさん

      はい、年に一度の「誰ですか御本尊」の御開帳でございます~(*^^)
      虫めがね・・・って、おいおい ヾ(-д-;)アカンアカンwww
      ま、お肌は大切ですからね~。でも、真っ暗な大塔、いい空だったので、ノイズのお手入れは軽くて済みました♪
      アンタレス付近のようなカラフルな領域でも、やはり星の表現は大事ですね。微恒星もアホほど多いので難しいですが(*^_^*)

  • とも より:

    こんばんわ。
    アンタ! とったんレスか?
    生意気ないい方してすいません・・・
    お上品にお上品を足すと、イコール・・・最上品。

    どの色をみてもお上品ですっ!
    ヒストグラムも美しい!
    暗黒帯ですらココチヨイと感じます。

    色彩の強めのアンタレス付近をこの時期多く見てますと
    星雲のエッジがやわらかく、ドギツクないやさしい雰囲気が漂うアンタレス付近で癒されます♪

    • おりおん より:

      ともさん

      こんにちは(*^_^*)
      はい、とったんレス~。とっても上品にとったんレス~♪
      おっしゃるように「癒し系アンタレス」に仕上げたんレス~♪・・・も、ええか(=_=)

      普段は「ヒストグラムありき」で、処理はしないんですけど、今回は事あるごとに、チェックしましたよ。
      もう少し彩度を強調していいような、しないほうがいいような・・・(笑)
      止め時も難しいアンタレス付近でした(*^^)

  • みっさん より:

    おりおんさん、こんにちは。

    上品な色使い、上品な方が処理するとこの様な感じになるんですね(笑)。
    トロピカルな時代が懐かしいです。青の時代ならぬトロピカルな時代でしょうか?

    では最後に、巨匠になってください。期待しておりまする。スリスリ(笑)。

    • おりおん より:

      みっさんさん

      こんばんは(*^-^*)

      上品の上品による上品のためのアンタレス。
      誰ですか? 私です~(笑)

      いや~トロピカルありましたね(^-^;www 夏を感じさせるアンタレスに仕上げたつもりだったんですけど、評判はいまいちでした。そりゃそうです(=_=)(笑)

      巨匠ですか。虚証にならないように気を付けてがんばりますwww

  • ともぞう より:

    素晴らしいですねー。このような作品を撮りたいと思いますが、初心者の私には荷が重いようです。星の牧場2の、よっちゃんさんが言ってましたが、初心者が、カラフルタウンに挑むと挫折すると・・・。まさに、私は挫折しました。

    • おりおん より:

      ともぞうさん

      カラフルタウンって、たしかに難しいですよね。抑えなければいけないポイントが多いです。特にこの写野だと、宇宙背景がなくて、ほぼ全面ガスですからね。
      ただ、とっても淡いってわけではないので、がんばればなんとかなると思います(*^_^*)挫折もして、たくさん経験するのがいいと思いますよ。

      • ともぞう より:

        誠に勝手なリクエストですが、カラフルタウンの画像処理をYouTubeで解説して頂けると、とっても感謝します。

        • おりおん より:

          ともぞうさん

          ともぞうさんのお持ちになってる、よっちゃんの講座DVDを見るほうが、比べものにならないほど勉強になりますよ。
          あと、いちばん大事なのは、「しっかり撮ること」です。天体写真に近道はないので、焦らず、撮影数をこなして、撮影技術や処理を身につけていくのがいいですよ(*^-^*)

  • ほっそん より:

    こんばんは♪( ´▽`)

    アンタレス付近凄すぎてしばらく見続けてしまいました。
    これはお手本にさせて頂くしかないです(^_^)

    積み重ねたレイヤーをグループ化してビフォーアフターするの楽しいですね☆

    • おりおん より:

      ほっそんさん

      こんばんは(*^-^*)

      ビフォーアフター、重ねたレイヤーの数が多いほど、楽しいですよね♪ 最近は二つレイヤーがあれば、必ずグループ化して、楽しんでます(*^^)(笑)

      アンタレス付近、無事撮影・処理できてホッとしましたよ(笑)
      メジャーな旬の素材は、いい条件でガッツリ撮りたいですよね。

  • 夕焼け熊五郎 より:

    おりおんさんこんにちは
    アンタレス付近カラフルタウンに墨汁を垂らしたような、凄いっ!でもってM4が潰れないですばらしいっでーす。
    こんなの真似できましぇ~ん。参りました。

    • おりおん より:

      夕焼け熊五郎さん

      こんばんは(*^-^*)
      毎年撮ってるアンタレス付近。昨年も4月に・・・しかも同じ大塔、同じ感度で同じ枚数!! もしかしたら、画像も加算できるかも!! と、思ったんですけど、カメラの回転角度がまったく違ってました(^^;)残念(笑)
      カラフルタウンの暗黒街、すこし不気味な感じですね((+_+))

  • こたろう より:

    コンチハ提督( ノ゚Д゚)
    いや~・・・
    すんばらしいヽ(´ー`)ノ
    もはや完璧ですね!
    今年拝見した中でも「ダントツ一位(・∀・)!」

    なんか言いたいけど「なんもいえね~( ;∀;)」
    それほどの出来!!

    これならイケる!
    さあ、送りましょうヽ(´ー`)ノ

    • おりおん より:

      こたろうさん

      こんばんは将軍(^^)/
      元画像の時点で「これはイケる」と確信したものの・・・
      着陸まで、あっちにふらふら、こっちにふらふらと迷走しましたよ。
      アンタレス付近、それほど難しいイメージはないんですけどね。でも実際に処理してみると、やはり難易度は高いです。
      「淡い」とか、そういうものじゃなくて、バランスとか星とか、あらゆる天体写真の基本がてんこ盛りな難しさです((+_+))

      出しますかね。色評価用蛍光灯を「とっても安く」買ったことだし♪

こたろう にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>