ジモート天文台で おかんのあご

zenbei

は~い!! 生きてますよ~ (〃^∇^)ノ

完全ボウズになった7月新月期。

梅雨も明けて連日猛暑の中、次新月期に向けて・・・

なかなかいいさんとオートフォーカスの設定追い込みをしてきました。

場所は、おりおんのリモート・・・ではなくてジモート天文台。

車で10分の貝塚市は善兵衛ランド天文台です。

 

オートフォーカスの安定化に向けて、各パラメータの見直しです。

で、いろいろ見直したところ、主な不安定の原因はターゲット位置の数値でした。

なぜか初期設定値が非常に低くてですね。

ドロチューブの繰り出し幅はまだ余裕があるのに・・・

数値がゼロになってしまって「これ以上動かせないよ~」とNINAさんが悲鳴をあげていたのでした。

早く気づけよ・・・(-_-)

手動でドロチューブを動かし、あれこれやって数値をあげる。

で、オートフォーカス開始!! エラーが出ないように祈る(*>人<)タノンマス

 

c

おぅ!! 綺麗な放物線がっ!! ヽ(*゚∀゚*)ノ

LRGB、そしてHα SⅡ OⅢ、すべてオートフォーカスでピントが合いました~!!

どうもね、迷人会ナロー撮影隊はピントでうまくいかないことが多いんですよねぇ。

なかなかいい隊長のおかげもあって、なんとかうまくいきました (*^ー゚)b

 

せっかくなので、記念の写真でも撮りましょうかね。

ってことで、夏と言えばこれ。おかんのあごです。

okanha

 

Hαを3分の1枚です。大阪でこれだけ写るのかっ!!! 感動  (T_T)ツー

時間の関係でSⅡとOⅢは撮れず、カラーにできませんでしたけど、これは期待できますね。

いや~、有意義な夜でした~。

 

でもって、そんなおりおんのところに新しい仲間がやってきました。

d

 

フォーサーズのカラーです ヽ(〃v〃)ノ

新月期はカラー、満月期はナローってのもありですし・・・

赤猫くんにつけてもいいかな。

あと、電子観望もやろうかと思ってます。

ってことで、梅雨明けしたのにポチリヌスの症状がとまらない!! どうしよう!! でした (・_・。)) ..

 

burogumurabana

ケッチャプ君1hp

 

ケフェウス座星雲群を85mmで撮ってみた

ケフェウス座

・SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art  F1.4 → F2.2
・EOS 6D(SEO-SP4) ISO2000  1分×22枚 他1夜
・ポータブル赤道儀CD-1 ノータッチ
・PC:mouse computer DAIV ・Display:EIZO CS230
・ステライメージ9・photshop CC2019
・2021/6/10 ・奈良県大塔

 

ケフェうすうす座の星雲群を85mmで撮ってみました (゚ー゚* )

はくちょう座星雲群の撮影後、ポタ赤に載っけてるレンズを北に向けますよ~。

輝星を目印に構図を決めて、露光開始です!!

ポタ赤CD-1、いつもならウマ娘が駆けるときのような軽快なギャロップ音が聞こえるんですけどね・・・

「今夜はおとなしいな・・・」と思ってたんですよ (゚ー゚*?)

 

で、予定枚数終了!! 6Dの背面モニターで画像を確認です。

ありゃ!! 星が流れてる!!・・・バッテリー切れてポタ赤が止まってますやん・・・

恐る恐るボツ画像を数える。。。30枚か・・・( TДT)

 

kefeguruguruweb

 

もったいないので、ケフェうすうす座ぐるぐるにしてみましたよ・・・(TдT)

 

で、ケフェウス座の星雲群。

追尾できてた22枚ではあまりにも少ないので秘伝のタレをブレンドして仕上げました。

メジャーなIC1396からクエスチョンマークまで・・・

大小とりどり、個性のある星雲がてんこ盛りですね~ ヾ(〃^∇^)ノ

クエスチョンマークがけっこうな大きさだったります。

真ん中あたりのsh2-140、アライのヘルメット星雲付近も好きなんですよね。

あと、IC1396のうえにあるsh2-129フライングバット星雲。

ここに潜むダイオウイカを今年はナローで捕獲したいところです。

 

ikaika

 

おおいぬ座のミルクポット星雲は、デジカメブロードバンドで撮れたんですけど・・・

このダイオウイカは、ほんと写らないんですよ (*>ω<) イカン

捕ってイカ刺しとバター炒めあたりでプハーッっといきたいところです・・・”(*>∀<)o(麦)”

 

にしても、拡大して見ると星の数やばいですね。激密です。

星の数は、地球上の砂浜の砂粒よりも多いらしいですけど・・・

ほんと砂浜ですよね、これは。。。

ってことで、85mmで撮ってみたケフェうすうす座でした~ (・ω・)b

 

burogumurabana

ケッチャプ君1hp

 

盛り合わせ 入選!! そして猫ちゃんもやってきたっ!!

hoshinabi8

 

へびつかい座からさそり座北部の星雲群が、星ナビに掲載されました~ ヽ(☆≧▽≦)ノ

タイトルを「うすうす盛り合わせ」で投稿しようかと思ったんですけどね。

そこのところは控えめにしてみました。

タイトルは控えめですけど、星雲の色は控えませんでしたよ~!!

どれどれコメントは・・・

「星雲がモヤッとしてる。ノイズ軽減処理が強すぎか」・・・

ノイズ軽減 やりまくったのがバレてるっ!! Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

元画像がこちら ↓↓

sasorimoriawase

 

まあねぇ。特にアンタレス付近がモヤってるんですよ。

あの手この手、そしてけっこうな強調処理をしましたからね  _φ (▽▽メ)

「わかっちゃいるけど、やめられない」んですよ、これが。。。

1分を151枚ですけど、まだ足らないですね~。

ま、今回は掲載されたのでよしってことで。。。(*TーT)b

 

で、話は変わるんですけど。。。

最近こたろう将軍チに、ももちゃんの弟猫の風太くんがやってきまして・・・

LINEやFacebookに風太くんの写真や動画をUP。

「猫はいいよぉ~猫は!! みなさんもどうですか?」とお誘いが。

たしかにかわいいんですよ、これが(*ノωヾ)

てなわけで、おりおんチにも猫がやってきました~。

 

redcat

 

 

みんな大好きRED CAT!! 赤猫くんです~ ヽ(*゚ω゚)人(゚ω゚*)ノ

ずっと気にはなってたんですけどねぇ。

モノクロ撮影のほうもなんとかなってきたタイミングで・・・

協栄さんのHPを見てたら「即納」の文字があったのでつい・・・

ポチッと してしまいました  _へ(´ー` )ポチッ

梅雨時期にピークを迎えるポチリヌスに罹っていたようです。。。

 

redcat2

 

赤道儀はこれまた新しく仲間に加わったSXD2。

これに長い間使ってなかったM-GENでガイドです  σ・・)σ

思ってたよりもずっしり重い赤猫くんですけど、SXD2だとウエイト要らないですね。

6Dで撮る予定ですけど、183MMでも楽しいかもしれません。

こうなると、早く梅雨明けしてほしいところですね~。

 

ってことで、盛り合わせ入選と赤猫くんがやってきたっ!! でした d( ̄▽ ̄*)

 

burogumurabana

ケッチャプ君1hp

 

はくちょう座の星雲群を85mmで撮ってみた

はくちょう座星雲群

・SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art  F1.4 → F2.2
・EOS 6D(SEO-SP4) ISO2000  1分×96枚
・ポータブル赤道儀CD-1 ノータッチ
・PC:mouse computer DAIV ・Display:EIZO CS230
・ステライメージ9・photshop CC2019
・2021/6/9 ・奈良県大塔

 

はくちょう座の赤い星雲群を撮ってみましたっ!! ヾ(〃^∇^)ノ

おかぺり、サドル付近、網状星雲、チューリップ星雲付近・・・

個性ある天体がてんこ盛りですっ!!

これほど赤い対象が集まってる場所って、他にないですよね~。

網状は少し淡いうえに、微恒星の表現がとっても難しい対象ですけど・・・

サドル付近やおかぺりは割とよく写ってくれますね。

おりおんも赤いガスを写したくて中古で買った改造カメラを手に、ウハウハでおかんを撮りましたよ。

「お~っ!! 赤く写ってるっ!! 感動 (T_T)ツー」みたいな・・・。

今見たら、背景まで赤く仕上がってますけど~ (〃∀〃)ゞ

 

夏の大三角

・TAMRON  SP15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)
・EOS6D(HKIR) ISO5000 ・F2.8 → F3.2
・ポータブル赤道儀CD-1 30秒×22枚

 

ほぼ毎年撮ってるような気もするこの領域。

真っ黒な暗黒帯から、異形の生物がおどろおどろしく湧いて出てくる雰囲気です。

赤いガスの表現そのものはさほど難しくないように思うんですけど、微恒星がね。

どうしようもないくらい多いんですよ、これが (›´ω`‹ )

でもま、星は大切なので消し去ることなくチマチマと処理してみました~。

赤いガスはもっと赤くできるんですけど、あまりやり過ぎてもね。

 

ってことで、赤い星雲群!! でした~ ヽ(*゚ー゚*)ノ(ノ*゚ー゚)ノ

 

burogumurabana

ケッチャプ君1hp

 

ケフェうすうす象の鼻!! & NHK-World Science View!!

像の鼻

・イプシロン130D ・SXP赤道儀
・撮影カメラ ASI 183MM Pro 冷却-10℃
・L3分20枚・RGB各5分6枚 ・NINA・PHD2
・ガイド鏡 GT40・ガイドカメラ ASI120MM Mini
・ステライメージ9・フォトショップCC トリミング
・2021/6/10  ・奈良県大塔

 

ケフェうすうすの季節がやってきました~ ヽ(´▽`) ノワーイ

羽虫の大群に襲われながら設営・撮影したミッキーマウスのあと・・・

ピントを再確認して、IC1396をギュイーンと導入です。

400mmにフルサイズだとIC1396全体が入ってお釣りがくるんですけど・・・

この焦点距離だと象さんの鼻狙いになりますよ~!! Σp[【◎】]ω・´) パシャ

 

それにしても、この何とも言えない構造が興味深いですよね。

ただどう見たら「象の鼻」に見えるのか・・・(-_-)

 

610ootou5

 

IC1396、赤一辺倒になりがち対象のひとつですね。

中央あたりに青の成分が多いので、青をやや強調すると立体感も出てくるようです。

ただこれ、ピントが甘いんですよねぇ( TДT)

 

梅雨明け後は夏の対象、後半は秋の対象も狙えますね!!

そして早くもアンドロメダ銀河も昇ってきてますよ~  ヽ( ´¬`)ノ

梅雨明けが待ち遠しいところですけど・・・

まだまだこれからですね (-_-)

 

 

で、梅雨明けを首を長くして待っていたところに!!

NHK-World Science Viewから画像提供の依頼がきましたよ~!!

全編英語の科学番組ですからねっ!!

おふざけなしの科学ブログ「蒼い星基地局」にピッタリです d(・∀・)

 

その画像がこちら ↓↓

nhk

「なるほどねぇ~」「そういうことかっ!!勉強になるなっ!!」

・・・って、なに言ってるのかまったくわかりませんっ!!( TДT)

星の誕生する場所であるところの、おうし座分子雲のL1527の場所を・・・

私の画像で示す・・・みたいな感じですwww

ま、おりおんだと日本語でも意味わからんな・・・これは・・・。

 

あと、エンドロールのトップバッターにおりおんの名前が流れるんですけど・・・

動画を提供したであろう「JAXA」とほぼくっついてるので・・・

おりおんがJAXAの関係者のようになってます (〃ノдノ)

もう、JAXAのおりおんでええんちゃうかな?!

「The chemistry around Young Stars : Astronomer Nami Sakai」

 

ってことで、もうちょっと英語の勉強しとけばよかった!! でしたっ!! (*゚ー゚)>

 

burogumurabana

ケッチャプ君1hp