蒼い星基地局

大阪岸和田で星をながめたり天体写真を撮ったりしてます

07月

sh2-140付近 ケフェウスのうすうす

sh2_140

・イプシロン130D   430mm F3.3
・SXP赤道儀 ・M-GEN ・ディザリング
・EOS 6D(SEO-SP4) ISO3200 3分30秒×32枚
・ステライメージ7 フォトショップCC
・ディスプレイEIZO CS230 & RDT231WM
・2018/7/15 00:46~ ・奈良県五條市大塔

 

猛暑が続く新月期。

SCW予報は「雲多し」の予報だったんですけど、他の予報は快晴マーク。

ってことで、いつもの大塔に夕焼け熊五郎さんとレッツラゴー ヘ(*゚∇゚)ノ

 

薄明終了前に現地到着。すでに設営終了してる迷人会メンバーが数人いますよ~。

 

ndosan

 

いつ見てもデカいねぇ~!! (ノ゚ο゚)ノ

身長185cmある(たぶん)にどすけさんと比べてもこのサイズ。

おりおんが、機材の横に並んだら、とてつもなく大きな・・・

はっはっは~・・・(T_T)ツー

 

てことで、天の川が天頂付近に大きなアーチを描く時刻・・・

ケフェウス座も撮りごろになりますよ~。

今回撮った星雲ですが、場所はここ ↓↓

 

cepheus

 

IC1396やクエスチョンマークと比べると、かなり薄々ですよ~。

元画像は、Araiのヘルメットのような赤い星雲の高輝度部がなんとなく写ってる程度です。

淡いですけど、星色も綺麗ですし、薄いガスも覆ってて、撮りがいがありますね。

作例は少なくて「ここどこ?」な領域ですけど、場所もわかりやすいので・・・

他に撮るものがないよ~・・・ってな時にでもどうぞ (*^・ェ・)ノ

 

fuyu

 

にしても、夜半を過ぎてしばらくすると、早くもすばるですよ Σ(゚д゚;)

夜空の季節の移り変わりは早いですね。もう冬です。

次の新月期には、オリオン座が撮れますね~ (ノ゚∇^)ノ ワーイ♪

 

 

てことで、sh2-140画像ですけど、実はまだ9割ほどの完成度なんですよ。

最後の細かい仕上げ・修正をしてる時に、パソコンがプチっと音をたてて壊れました (T_T)

原因はグラボなんですけどね。暑さでやられてしまったのかも・・・。

もう かなり使ってますし、スペックも高くないんですよね。

 

てなわけで、しばらくの間、画像処理ができません。 どうしよう・・・

だれかクリエイターパソコンちょうだい・・・(T_T)

 

 

burogumura5

meijinkai

 

 

夏の定番 三裂干潟はじめました

三裂干潟星雲

・イプシロン130D   430mm F3.3
・SXP赤道儀 ・M-GEN ・ディザリング
・EOS 6D(SEO-SP4) ISO3200 2分30秒×16枚 1分×4枚
・ステライメージ7 フォトショップCC
・ディスプレイEIZO CS230 & RDT231WM
・2018/6/16 23:49~ ・奈良県五條市大塔

 

いよいよ夏本番、「もう今年は撮らないぞ」

と、言いながら毎年撮ってる三裂干潟ですヾ(-`ω´-o)ゝ

それぞれ単品で撮ってもよし、長焦点、短焦点、中望遠・・・

なんでもありの明るい星雲ですね~。

 

明るくて狙いやすいのはいいんですけど・・・

干潟の中央部の輝度がめちゃ高くて、撮影時の感度や露光でまず悩む  (-ω-;)ウーン

いつものように、ISO3200の3分だと飛んでしまうし・・・

かといって、アンダーだと淡い部分がねぇ。

・・・ってことで、少し露光時間を短くして、1分を数枚撮ってブレンドしてみました~。

 

中央部をやや飛ばし気味にして仕上げるのも、いいと思うんですが・・・

今回は、その高輝度部のディテールにこだわって処理してみました “φ(・ェ・o)

 

干潟星雲

 

トリミングです。

こうして見ると、濃淡もあってかなり複雑 (・∀・*)

まさに、Lagoon 青い珊瑚礁 です ♪

あと、いちばん輝度の高い小さな白い部分は、砂時計星雲とも呼ばれてまして・・・

小さな砂時計のような形になってます。

えっ?! わからん?! ・・・ですよね (・・。)ゞ     詳しくはwebで検索 www

 

 

burogumura5

meijinkai

 

 

さそり座のうすうす 星ナビ8月号入選しました~

hoshinabi

 

星ナビ、先月に続いて まさかの連続掲載です~ (´ε`*人)

この領域、好きなんですよね♪

昨年も撮ったんですけど、今回はより淡いガスを強調してみました。

特に青いガスに注視して処理したんですけど・・・

青一色ではなく、色の変化や濃淡もあって、興味深いです。

 

ブログ掲載画像はこちら ↓↓

 

sh2_1web

 

その青いガスも淡いんですけど・・・

画像上部(左)の明るいδ星周りの赤も、けっこう難物です。

焦点距離が短いと写ってくれやすいんですが、

焦点距離が長くなると、突然難しくなるという天体写真あるあるですね (´-ω-`)

 

sasori2018sh2_1

 

とってもわかりやすい場所ですけど、作例は多くないです。

「アンタレス付近」「青い馬」「sh2-1・2-7」・・・

さそり座うすうす三種盛りの中では、いちばんの淡さですが、

暗い空でしっかり撮ると、思いのほか写ってくれますよ~ (pq′з`*)

といっても、元画像には ほぼなにも写ってない淡さですけど・・・(=_=)

 

さそり座も午後10時頃には南中する季節になってきましたね。

はくちょうに筒を向けるその前に・・・

さそりに撮り忘れはないですか~  Σ【◎】ω ̄*)パシャッ

 

 

burogumura5

meijinkai